『陶芸』とは私の表現方法のひとつ
自分の感性を信じ 自分自身に問いかけていく・・・
可能性をもった土は 人の手に従順で 一度 炎に包まれると
ゆるがないものに変わり 不変性を帯びます
人は昔からこれらを知り やきものを生活に取り入れてきたのでしょう
そして長い歴史のなかで 人間の文化の発達とともに装飾性を
徐々に加え 土の扱い 火の扱いにも 工夫から細工 細工から
「技」を生み出してきました

手づくりの温もり 洗練された意匠 大量生産品にない希少性…
これらのものたちへ出会いに 
Clay Studio indigoへお気軽にお越し下さい

 

 

Clay Artist KOZUE